和食

清水・魚河岸の市 マグロ館でランチなら「マグロ王国 大ちゃん」がコスパ最強!

静岡でおいしいマグロが食べたいときは、清水へ!冷凍マグロ日本一を誇る清水港には、マグロ料理をメインにした魚河岸の市があります。

マグロ館とは1Fに6店舗、2Fに8店舗の飲食店が入った、まさにマグロ天国。どこのお店も美味しそうな写真が飾ってあって、決めるには一苦労です^^; よく行くのは、「一期」と「はまや」さん。今回もどっちかにしようかな…と思っていたら、新しいお店を発見!!

「まぐろカツ食べ放題ですよー!」という店員さんの声に引かれてお店にススッ…と近付いてみると、すでに人だかりが。

まぐろ王国 大ちゃんは、2017年7月1日にオープンしたばかりの新店。元お寿司屋さんのオーナー(大ちゃん)が始めたお店で、清水区坂戸で蕎麦屋さん「福乃家」も経営しているそう。ということは…マグロがウリだけど、お蕎麦も本格的!蕎麦は手打ちの二八そばのみ使用。つゆは焼津さんの鰹節を毎朝削って出汁をとっているんですって!蕎麦は出汁の味でも大きく左右されますからね。これはきっと(いや絶対)美味しいに違いない…。

何を食べようかな?と思っていたら、ありえないほど盛られている中トロ丼の写真を発見!

まるでピンクの薔薇のように盛り付けられた中トロ丼。これにまぐろカツとサラダ食べ放題、お蕎麦付きでな・な・な・なんと!1,833円という破格値。これ以外に選択肢はないよっていうくらい魅力的なメニュー構成です。

好きな席に座ると、早速揚げたてのカツが登場。「大ちゃん」のスタッフが、「かつ揚げたてでーす!」と声をかけてくれるので、自分でとりにいきます。このカツは食べ放題!好きなだけ食べられます。

「大ちゃん」のまぐろカツは、トロマグロという部位をしているそう。実際に食べてみると、お魚というよりも鶏肉っぽい。パサツキは一切なく、ジューシーなササミのよう。ちなみに、カツにはソースだけじゃなくてお醤油も合いました。たくさん食べたい人は、ソース→醤油を繰り返すと飽きがこないかも。

続いてお蕎麦が登場!お蕎麦のつぶつぶがしっかり残った粗挽きタイプ。喉越しが良い細切りで、口の中にお蕎麦の香りがふわりと広がります。美味しい♪

そしてついに本日の主役、中トロ丼がきました!丼からはみ出る中トロ、お魚好きの方なら間違いなくテンションが上がるビジュアルです。

「大ちゃん」の説明書きにかかれていましたが、お店の中トロはすべて高級本マグロを使っているそう。「黒ダイヤ」や「まぐろの王様」と称される本マグロは、色&味ともに濃いのが特徴です。

味わってみると、とろける!豪快にカットされているため、部分的には筋っぽいところもありますが、マグロが口の中で溶け出して、強い底力を発揮します。ちなみに、この時点でまぐろカツ3回おかわり&おそばを完食していたため、すでにお腹いっぱい(笑)こんなにおいしい中トロ丼が出て来るなら、少し控えておくんだった…と後悔しました。^^;

本マグロはお値段も王様レベルだから、原価率は90%らしい。「大ちゃん」大丈夫かな?と心配になるようなお値段でした。魚好きなら、清水のマグロ館にある「大ちゃん」へGO。きっと夢のような時間を過ごせますよ♪
※大ちゃんの場所は、マグロ館1F「一期」さんのすぐお隣りです。

楽しい旅の総合情報

スポンサーリンク



次はこちらの記事を読んで下さい。

関連記事

  1. 入場無料!全国のご当地おでんを一挙に味わえる「静岡おでんフェア …
  2. おそばを朝食に!羽田空港 第2ターミナル「てんぷら・そば 門左衛…
  3. 日暮里「くにみ」の安くて美味しい国産「うなぎ」ランチ!
  4. 浜名湖一安くてうまい!鰻(うなぎ)を食べるなら天保さんがオススメ…
  5. 日本最古。浅草のディープ地下街「福ちゃん」で“名物やきそば”を味…
  6. おいしい牡蠣を1年中食べるならココ!ジャックポット丸の内
  7. 器からはみ出る豪華天丼!静岡「河童土器屋」でコスパ最強ランチ
  8. 静岡駅前 かまぼこ専門店「服部蒲鉾店」に行ってみた!

NEW!!

ケアンズの船上で海老パラダイス!海老好きは「プロウン・スター」に行くべし

海老好きの方にぜひオススメしたいのが、ケアンズの「プロウン・スター」。ここは何がすごいかというと・・…

ケアンズでオーストラリア料理(ワニやカンガルー)を食べてみた結果。。。

やはりケアンズに来たからにはオーストラリア料理を食べなきゃ!ということで、オーストラリア料理を食べさ…

ケアンズのオシャレ朝食スポット「Wharf One Cafe」

ケアンズの街は朝早くて夜も早い。ゆえに早朝営業のカフェが意外と多く、朝食を食べる場所には困りません。…

ケアンズ旅行に行くならココに注意 ①交通ルール

オーストラリアは自己責任の国。「しまった!」とならないように、旅行へ行く前に知っておきたい注意点をご…

【国際線】ジェットスターの機内食はどんな感じ?

オーストラリア生まれのLCC「ジェットスター」は、70分以上のフライトを対象に機内食を提供しています…

ピックアップ記事

Instagramやってます!!

「THE HOUSE」特集

PAGE TOP