太らないためには「間食」をとるべき?

「おいしいもの探検家」と名乗るだけあって、私の食生活は豪快です。

甘いものからボリューム満点のステーキまで、美味しいモノを隅から隅まで食べまくっています。

それでも体型にはそこそこ気を付けていて、ここ数年体重の大きな変化はありません。

つい先日読んだ本で驚いたのが

「間食をとったほうが太らない」という衝撃。

そのココロは?

昼食から6時間以内に夕食を食べる人は間食をしないほうが良いらしいのですが、

それをオーバーするのであれば、空腹を我慢してしまうと低血糖に陥り後でドカッと糖質を欲してしまうそう。

私もよくなりますが、空腹が限界を超えると

人って完全に理性を失いますよね。汗

そんな時、買い物にでも行ったら、もう大変!

目に入る欲しいものを抑制することができず、買い物かごがパンパンに。。。^^;

これがおデブのメカニズムっていうやつです。

もちろん食べ過ぎはNGですが、

チョコレートやキャンディーをちょこっと間食するようにしています。

糖質そのものが悪者ではないってことですね!

女性のみなさーん、おデブになりたくないのなら、

糖質と適度に仲良くすることが大切なようです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください