六本木・デザインの解剖展に行ってきました!

以前から気になっていた「デザインの解剖展」へ行ってきました!

イベント会場は、六本木の東京ミッドタウンガーデン内。

建築家の安藤忠雄氏が設計したミュージアム

「21_21 DESIGN SIGHT」で行われています。

21_21 DESIGN SIGHT 六本木・デザインの解剖展

エントランスを通ると、すぐの場所にミュージアムショップが。

今回のイベントに合ったものや

ここでしか買えないグッズも多数あります。

今回のオリジナルグッズは、きのこの山を解剖したイラストがメイン。

Tシャツやエコバック、缶バッチなどもありました。

ミュージアムショップは、イベントを見終えてから覗いたほうが

グッズの良さを実感できます。

カワイイ…欲しい…。そんな欲求をグッと抑え、いざイベント会場へ。

六本木・デザインの解剖展で販売されていたグッズ

今回のイベントの目玉、巨大きのこの山の断面です。

六本木・デザインの解剖展:巨大きのこの山

今まで気付きませんでしたが、

こうして見ると

チョコレートの傘の部分が2色になっているんです。

解説を読んでみると、

色の違いは、カカオ&乳製品の配分量の違いによるものだとか。

ほう!知らなかった…。

さらに、こんがり焼けた軸は

あえて熟成させることでこの色を出したのだとか。

普通に焼くと、ここまでこんがり感は出ないんですって。

個人的にはきのこの山ゾーンが好きで、

ここだけで気付いたら1時間が経過していました…笑

今度きのこの山を食べるときは、

じっくり観察してから食べてみよう♪

そしてこちらは、ブルガリアヨーグルトの

パッケージのグラフィック部分を分解して

さらに立体的にしたもの。

かなり見ごたえがあるアート作品で感動しました。。。

六本木・デザインの解剖展:ブルガリアヨーグルト

明治おいしい牛乳ゾーンでは、

巨大な牛乳が!

こんなに大きいから、何が書かれているのか

つぶさに読み取ることができます。

六本木・デザインの解剖展:明治おいしい牛乳

そしてこれは、きのこの山のパッケージに書かれている

里山の風景を現実化したもの。

これもかなりユニークな作品でした!

六本木・デザインの解剖展:きのこの山のパッケージの里山の風景

明治おいしい牛乳のフォントがゴシックだったら、

そんな検証も行われています。

うーん、やっぱり明朝体の方が断然美味しそう。

あの牛乳のスッキリ感はゴシックでは出ないことが判明。

六本木・デザインの解剖展:明治おいしい牛乳のフォント

今回のイベントは、とにかく見どころが凄い!

時間がある方はぜひゆっくり楽しんでくださいね♪

たびねすの記事はこちら。↓↓↓

あっ、きのこの山の断面だ!六本木「デザインの解剖展」で楽しむ身近なモノの断面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください