レトロモダンな「千代の湯」でゆるり炭酸浴を

東横線の学芸大学駅で下車。商店街を通り抜けること約3分。

ガストの道を左に曲がった先にあるのが、千代の湯さん。

木の温もりに溢れ、落ち着いた雰囲気。

靴入れは懐かしの木札タイプ。
千代の湯のロッカー

とくに目が釘付けになったのが、おしゃれな照明。

まる北欧の照明でルイス・ポールセンを彷彿とさせる

洗練されたデザイン。。。

ここは本当に銭湯!?と驚きです。

受付では、リニューアル前に使われていたという

屋根の切妻り弁天様がドーンとお出迎え。

重厚な存在感にびっくり。

千代の湯の浴室

さて、千代の湯さんのお風呂は、

女性が白富士、男性が赤富士が堂々と描かれています。

茶色をベースにしたデザインで、

男女仕切りの壁には、花柄のようなモザイクタイルがあって可愛らしい!

さらに炭酸泉だけは

個室のようになっていて、

高い壁にはブルーのタイルがびっしり貼られています。

3~4人くらい入れるスペースでさほど広くはありませんが、

おこもり感があって、妙に落ち着きます。。。

<千代の湯の情報>
営業時間 午後3時半~深夜1時
定休日 月曜日

おしゃれ度   ★★★★☆
お風呂の種類  ★★★☆☆
便利な点    ★★★☆☆

千代の湯
http://www.tiyonoyu.com/tiyonoyu.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください