JAL(日本航空)がついにLCCへ本格参入!最強コスパなるか?価格を予想。

日本にLCC(=格安航空会社)が浸透し、日々競争の激化が進んでいますよね。路線も機材も増加の一途。「LCCなら、一度利用したことがある!」という方も多いのではないでしょうか。

私も時々ジェットスターを利用します。清潔感もあるし、重厚感のあるシートが好きで^^

ちなみに、2018年5月現在、日本国内のLCCを運航しているのは、こちらの5社。

  1. ジェットスター
  2. エアアジア
  3. ピーチ
  4. 春秋航空
  5. バニラエア

そこで、先日飛び込んできたのが、

JALのLCC新会社設立のニュース!

今までJALは、オーストラリアの大手カンタス航空と共同でLCCの「ジェットスター」に出資してきましたが、今回は新たに事業を立ち上げ、新ブランドとして展開するそうです。

どの辺りを就航するのでしょうか?内容を確認してみると…

<JALが発表した新LCCの路線>
成田空港ー北米・ヨーロッパ・東南アジア…などの中距離路線

今までのLCCが国内線や短距離路線を主に運航していただけに、今回のLCCは大きく棲み分けできそうですね!

いつからLCCをスタートするの?

では、JALのLCCはいつ頃から運航開始するのでしょうか。

現時点で発表されている流れとしては、

1.LCC用の設立準備会社を2018年7月に立ち上げる。

2.共同出資者を募る

3.新規ブランドとして2020年3月下旬に就航予定

つまり、ちょうど東京オリンピックと同じ年(2020年)にJALのLCCも船出を切ることになりますね。

LCCで使う機材は?

今回使われる機材は、どんなものでしょう?

発表によると、ボーイング787を2機使うとのこと。

ちなみに、現在ボーイング787には以下の2種類(787‐8、787‐9)があります。

JALオフィシャルサイトより

この2つを比較すると分かるように、787-9の方が全長が大きくなっていますよね。

さらに、787には新仕様と旧仕様の2つがあって、

新仕様のJAL SKY SUITE 787だと、完全に横に寝られる新型フルフラットシートやゆったり広々シートを搭載。…おお!これならエコノミーでも全然アリ!と言いたいところですが、今回はLCCなのでこれは普通に無いと思います(^_^;)。。。

ちなみに、ジェットスターの国内線はA320型機を使用。日本ーオーストラリアのような長距離路線はボーイング787型機を使用しています。

↓こちらは、私がオーストラリアに行くときに利用したジェットスター、ボーイング787機。参考までに写真をアップします。

長距離フライトだったので、国内線よりもアメニティが充実。アイマスク、歯ブラシ、靴下、ネックピローなど長旅を癒してくれるグッズがいっぱいでした。今度のLCCは中距離フライトだから、もう少しアイテムは減ると思います。

このときのシートピッチは78cmくらい。LCCですもんね。やっぱり狭い(^_^;)

ヘッドレストに埋め込まれたモニター。飛行機内で映画が見られるのはやっぱり嬉しいですよね。この装備もこのまま付いてくると思います。

価格はどのくらい?

まだ正式に発表されていないのですが、一番気になるのはLCCの価格。個人的な予想ですが、ジェットスターの価格をベースに考えると、最安値のタイミングであれば通常運賃の3分の1くらいまでは落としてくると思います。あとは、手荷物の預け入れや座席の指定…などオプション次第でどうなってくるか、ですよね。マイレージサービスもまだ正式に発表されていないので、この辺りも気になるところ。今後も動向をチェックして、分かり次第情報をお伝えしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください