仙台生まれ。全国旅する「ボーダーこけし」で幸せを届けよう

東北の伝統工芸品、こけし。

昔は、こけしってちょっと怖いな…なんて思っていましたが

仙台に行って、こけしの概念が大きく変わりました!

そう!出会ってしまったのです…。とってもキュートなこけしに。

それが、こちら。

震災の復興支援のために作られた、ボーダーこけし。

ネーミングの通り、ボーダー柄の服をきていて

ニコッと口角が上がっているんです。

この甘いフェイスなら、誰にでも受け入れられそう!

仙台「ボーダーこけし」

ボーダーの色は、赤と青の2種類。

最初は赤色だけだったそうですが、青色を期間限定で作ったところ大好評。

現在は2色展開になりました。

ボーダーこけしは仙台の雑貨店「ペチカ堂」さんにて、全種類購入することができます。

「ペチカ堂」さんは、カレルチャペック紅茶の種類も豊富。

定番のものから期間限定商品まで幅広く扱っています。

聞くところによると、北海道の人や圏外の人もカレルチャペックを買いにくるのだとか!

カレルチャペックの品揃えは、東北&北海道エリアでNo.1だそうです。

さてさて、ボーダーこけしの中で、一番キュンとしたのがこちら。

ボーダーこけしの手紙です。

仙台「ボーダーこけしの手紙」

ぱっと見分かりにくいかもしれませんが、

こけしの胴体に手紙を入れて、そのままポストに投函できるんですよ。

定形外扱いなので、住所を書国紙120円切手を貼って送れば

日本中どこでも届けてくれます。

手紙を書く紙は、付属のものでも良いですし

自分で用意したものでもOK。

ただし、小さめにクルッと丸めて紐やゴムでまとめておかないと

取り出すのが凄く大変になります。ご注意を。

家に帰って、ポストを開けたら!わお、こけしーー。

送られた人は、かなり癒やされますよね♪

たびねすで紹介した記事はこちらです↓↓↓
ポストに投函できる。仙台生まれ「ボーダーこけしの手紙」がカワイイと話題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください