和食

入場無料!全国のご当地おでんを一挙に味わえる「静岡おでんフェア 2017」

春はすぐそこ…と思いきや、まだまだ寒い日が続きますね!
今日は寒い日に食べたい、心と胃袋に染み渡る美味しいおでんのイベントをご紹介します。

「静岡おでんフェア 2017」 は全国のご当地おでんを一度で楽しめる、おでんの祭典。開催日は、3月10日(金)、11日(土)、12日(日)の3日間。昨年動員数は、なんと25万人という日本最大級のイベントです。

イベントの会場となるのは、静岡市役所前 青葉シンボルロード。アクセスはJR静岡駅から徒歩約 10 分。静鉄電車「新静岡駅」から徒歩約 7 分。しずてつジャストラインバス「県庁・静岡市役所葵区役所」下車徒歩約 3 分です。

「静岡おでんフェア 2017」のエリアは、大きく4つに分かれています。

1.屋台おでんゾーン
2.ファミリーおでんゾーン
3.全国おでんゾーン、おでんの仲間ゾーン
4.くつろぎゾーン

今年は30店舗と9つのイベントブースが参加する予定。そんなにおでんの食べ比べできるなんて…!会場の中は、あっちもこっちもホクホクしたおでんばかり。冬には最高のイベントですよね。

ちなみに私は名古屋のおでんで育ちましたが、静岡おでんも大好き!

静岡おでんはクシに刺さっていて、お好みでだし粉や青のりを上からかけるタイプ。初めは「味が濃そう…」と思ったんですが、ぜんぜん違う!上品なお出汁が具材にたっぷり染み込んで優しい味わい。いくつでも食べられる美味しさです。

お店によってスープの味は微妙に違いますが、イマイチのお店はややしょっぱめ…。本当に美味しいお店は、スープに出汁の香りが閉じ込められています。個人的には、青葉横丁の三河屋さんがおすすめですよ^^

たびねすでもご紹介しています↓↓↓
静岡おでんはココで食べよう!青葉おでん街・青葉横丁で絶対行くべき人気店

さて、ここからは「静岡おでんフェア 2017」初出店となるご当地おでんをいくつかご紹介します♪

まずは信州上田のおでん。

おいしく食べて東北を応援しよう!というキャッチフレーズで静岡のキッチンスタジオと陸前高田の漁師が共同出店。ホタテ巾着など、三陸沖の豊かな食材をおでんにしています。

続いては、東京 北区のおでん

東京下町のソウルフード「ちくわぶ」や、地元業者の手作り練り物の入った東京下町の味が楽しめます。新メニュー「王子の狐おどん」も新登場!

最後は、信州上田のおでん

真田丸で一躍脚光をあびた上田市から、大根など郷土の伝統野菜を使った自慢のおでんが出店します!

全国の美味しいおでんと温かい人情に触れ合える「静岡おでんフェア 2017」 。きっと冬らしい思い出を作ることができますよ!ぜひ友達やカップルで足を運んでみてくださいね♪

「静岡おでんフェア 2017」
◆日 時
2017 年 3 月 10 日(金) 16:00~21:00(一部 19:00 に閉店)
     3 月 11 日(土) 10:00~21:00(一部 19:00 に閉店)
    3 月 12 日(日) 10:00~18:00
◆会 場 静岡市役所前 青葉シンボルロード
【静岡市役所住所】〒420-8602 静岡県静岡市葵区追手町5−1
http://odenfair.com/#container

楽しい旅の総合情報

スポンサーリンク



次はこちらの記事を読んで下さい。

関連記事

  1. 東京駅限定。そびえ立つ「えび天ツインタワー」が食べられのは今だけ…
  2. 日本最古。浅草のディープ地下街「福ちゃん」で“名物やきそば”を味…
  3. 日暮里「くにみ」の安くて美味しい国産「うなぎ」ランチ!
  4. 熱海に行ったら、海老トルネード天丼を食べてみて!
  5. おそばを朝食に!羽田空港 第2ターミナル「てんぷら・そば 門左衛…
  6. 静岡駅ナカで静岡名物を一気に満喫!ランチは「三久」がおすすめ
  7. 予約が取れない超人気店!静岡の居酒屋「あさひ」でにんにく満載の夜…
  8. 浜名湖一安くてうまい!鰻(うなぎ)を食べるなら天保さんがオススメ…

NEW!!

ケアンズの船上で海老パラダイス!海老好きは「プロウン・スター」に行くべし

海老好きの方にぜひオススメしたいのが、ケアンズの「プロウン・スター」。ここは何がすごいかというと・・…

ケアンズでオーストラリア料理(ワニやカンガルー)を食べてみた結果。。。

やはりケアンズに来たからにはオーストラリア料理を食べなきゃ!ということで、オーストラリア料理を食べさ…

ケアンズのオシャレ朝食スポット「Wharf One Cafe」

ケアンズの街は朝早くて夜も早い。ゆえに早朝営業のカフェが意外と多く、朝食を食べる場所には困りません。…

ケアンズ旅行に行くならココに注意 ①交通ルール

オーストラリアは自己責任の国。「しまった!」とならないように、旅行へ行く前に知っておきたい注意点をご…

【国際線】ジェットスターの機内食はどんな感じ?

オーストラリア生まれのLCC「ジェットスター」は、70分以上のフライトを対象に機内食を提供しています…

ピックアップ記事

Instagramやってます!!

「THE HOUSE」特集

PAGE TOP