六本木のハリもふパラダイス!ハリネズミカフェに行ってきた

猫や犬では味わえない、新たな癒しを味わえる六本木のハリネズミカフェ「HARRY」さん。

ここは、ハリネズミだけを集めた癒しのスポット。

これだけでも取材する価値大なのですが、

日本だけでなく海外からもわざわざ足を運ぶ人がいるほど

濃ゆーいファンが多いんですよ!

お店の場所は、六本木駅の路地裏。

迷わなければ徒歩数分で行くことができます。

一番わかりやすいアクセスは、

六本木駅の4b出口を出て左へ。麻布警察署がある細い道を南に下り、突き当りを右へ。

1本目の道をさらに右に進むと可愛い看板がみえてきます。
ha6-1-1
2階がハリネズミカフェ、3Fがうさぎカフェになっています。

階段の途中には、あくびをしているハリネズミさんが…。
a1-1-1
か、、、かわいい!!

この時点で激萌え。

いよいよハリネズミの店内へ。

ハリネズミさんは夜行性だから、昼間はかなりの確率で寝ています。
ハリネズミカフェ
なんて無防備な姿!ズキュン…。

「HARRY」さんでは、約20匹のハリネズミさんがガラスケースに入っていて

好きな子を見つけてスタッフに伝えると、触らせてもらえます。
ハリネズミカフェ
寝起きだと、元気いっぱい。

ここにいる子はすべて「四足ハリネズミ」という種類。

毛の色や瞳の色が違っていて、同じ種類とは思えないほど個性的!
ハリネズミカフェ
このハリネズミさんは、まっしろな毛に赤い瞳。

なんだか、おしゃれですよね♪

ハリネズミは本来警戒心が強い動物なのですが、「HARRY」さんでは人馴れするようトレーニングされています。

だから、初対面の人でもすぐ懐いてそのまま手の上で寝ちゃうことも!
ハリネズミカフェ
手のひらの上で、呼吸をする音や鼓動を感じられるから不思議。

こんなに小さいのに、生きていることを実感できます。

通常、3ヶ月前後のハリネズミが多いのですが、なかには半年経った子もいます。
ハリネズミカフェ
体は大きいけど、顔は可愛いまま。

これがハリネズミの魅力♪

口角がキュッと上がっていて、幸せそう…!

それから「HARRY」では、500円を追加すると

ハリネズミさんにおやつをあげられます。

「おやつ」と言うより立派な食事。

だって、幼虫をあげるのですからーー!

こちらは想像以上の食べっぷりだったので

写真はあえて出さないことにします(笑)

寝顔はとってもキュート!
ハリネズミカフェ

ハリネズミって、痛くないの?

と思われるかもしれませんが、正直痛いです(笑)。

でも、それは最初の数秒だけ。

すぐ慣れてくれて、チクチクしなくなりますよ♪

お腹の毛はフワフワ、肉球は超ぷにぷにです。

ハリネズミカフェの予約は30分単位ですが、驚くほど時間が経つのが早いので

60分の予約がオススメですよー☆

[clink url=”http://guide.travel.co.jp/article/22847/”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください