ディズニーシー

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」の寛ぎバー

東京ディズニーシーといえば、お酒の存在は欠かせません♪

中でも、東京ディズニーシーのシンボルSSコロンビア号にあるラウンジは、すべてがロマンチック!
バーカウンターもあるから、最近流行りの“一人ディズニー”の方にとっても聖地的存在になりつつあります。

東京ディズニーシーで、ほんのり心地よくなりたいなら、絶対おすすめです。

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」外観

<まずはSSコロンビア号を目指して!>
「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」があるのは、アメリカン・ウォーターフロントの豪華客船SSコロンビア号の中。

えっ、この船って飾りじゃないの?と思われるかもしれませんが、船内にはレストランやバーがあって、隠れ家要素が満載。

ちょっと歩きすぎて疲れたな、っていうときにピッタリです。

<「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」は2F>

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」階段付近

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」
船内に入ったら、フカフカの絨毯が敷かれている階段をのぼり、2階を目指します。

東京ディズニーシーは大人っぽい雰囲気が魅力のパークですが、この中はさらに一層良い雰囲気なのです。

<重厚感たっぷりの入り口>

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」入口

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」
SSコロンビア号のこちらが「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」の入り口です。

東京ディズニーシーのSSコロンビア号は、19世紀~20世紀頭にかけアメリカの川で活躍したという小型の蒸気客船をベースに作られました。

そのため、レトロで重厚感漂うお店になっています。

<本格的なバーも!>

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」中の様子

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」

お店の中に入ると左手には本格的なバーカウンターがあり、奥にはテーブル席やソファ席があります。

カウンターからはバーテンダーさんが、シャカシャカ・・・とシェーカーを降る心地良い音が聞こえてきます。

かなり本格的なバー!お酒好きのお一人様は、ぜひこちらのバーカウンターを。

<バーエリアのくまさんにも注目>

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」クマ

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」
なんとバーカウンターの机と天井を支えるのは、ずらりと並んだ木彫のくまさん。

よく見ると、くまの顔やポーズが全部違っています。

このくまさん、えいやっ!と言わんばかりに踏ん張って天井を支えています。

可愛いですよね~♪

<軽食が中心のメニュー>

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」メニュー

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」
こちらがお店のメニュー。

サンドウィッチやおつまみ系、デザートなどがあります。実はここの季節のパフェが女子に大人気!

お酒を飲むのではなく、ここのパフェだけを食べに来る女子のグループもけっこういるんですよ~^^;;

<ボリュームがあって美味しいのはこれ!>

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」エビフライ

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」
メニューを見ると軽食が多いのですが、ランチやディナーにもいけるほどボリューミーな一品がこちが。

エビフライのグレインブレッドサンドウィッチ フライドポテト添え(1,230円)。

大きな海老フライが2尾ついて、かなり食べごたえがあります。

エビ好きの方は、かなり満足度が高いサンドウィッチですよ~!

<お酒のメニューはやっぱりすごい!>

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」お酒

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」
ドリンクメニューは別で1冊になるほど種類豊富。

特にカクテルは40種類以上もあり、メニューをペラペラ・・・とめくっていくと、なんと6ページも!

ビール派の方は、こちがおすすめ。

アメリカのビールで、サミュエル・アダムス。キレだけじゃなくてコクもあって、最高の1杯です。

<ルーズヴェルトの人物画も!>

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」ルーズベルト

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」
店内の至る所に飾られているのが、人物画。

この方は、アメリカ大統領 ルーズヴェルトです。

「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」というお店の名前にもなっている“テディ”の部分は、ルーズヴェルトのニックネームからきているとか。

<狙い目は7時過ぎ>

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」狙い目

SSコロンビア号「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」
ここはバーなので、遅い時間の方が混雑するのでは?

と思いがちですが、デザートだけを食べに来る人や、食事をする場所として利用する人も多く、夕食やランチタイムには混雑することがあります。

そこでオススメなのが、夜7時以降のナイトタイム。

待ち時間もと少なくなり、スムーズに入りやすくなります。

<おわりに>

「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」の店内は、全体的にうす暗くオレンジのテーブルライトが良い感じで灯るので、特にデートにおすすめです。

東京ディズニーシーは、もともと大人っぽい雰囲気ですが、ここは格別!まるでホテルのランジにいるような優雅な気持ちにさせてくれるスポットです。

パーク内のレストランは全体的に少し割高な感じがしますが、ここは雰囲気を含めるとむしろ安いと感じられるほど。

東京ディズニーシーとはまた違った日現実的な空間を楽しむことができますよ!

<テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ情報>
場所:東京ディズニーシー アメリカンウォーターフロント SSコロンビア号2階
メニュー内容:ハンバーガー/サンドウィッチ、アルコールドリンク
ジャンル:洋食
予算:【昼】1,000~2,000円 【夜】1,000~2,000円
バリアフリー:イスで利用可、サービスドッグ同伴可、点字メニューあり

楽しい旅の総合情報

スポンサーリンク



次はこちらの記事を読んで下さい。

関連記事

  1. マーメイドラグーン「セバスチャンのカリプソキッチン」の絶品シーフ…

NEW!!

ケアンズの船上で海老パラダイス!海老好きは「プロウン・スター」に行くべし

海老好きの方にぜひオススメしたいのが、ケアンズの「プロウン・スター」。ここは何がすごいかというと・・…

ケアンズでオーストラリア料理(ワニやカンガルー)を食べてみた結果。。。

やはりケアンズに来たからにはオーストラリア料理を食べなきゃ!ということで、オーストラリア料理を食べさ…

ケアンズのオシャレ朝食スポット「Wharf One Cafe」

ケアンズの街は朝早くて夜も早い。ゆえに早朝営業のカフェが意外と多く、朝食を食べる場所には困りません。…

ケアンズ旅行に行くならココに注意 ①交通ルール

オーストラリアは自己責任の国。「しまった!」とならないように、旅行へ行く前に知っておきたい注意点をご…

【国際線】ジェットスターの機内食はどんな感じ?

オーストラリア生まれのLCC「ジェットスター」は、70分以上のフライトを対象に機内食を提供しています…

ピックアップ記事

Instagramやってます!!

「THE HOUSE」特集

PAGE TOP